永井啓一会長
           2018〜2019年度 下館ロータリークラブ 会長 永井 啓一

《 会長方針 》

 今年度のRI会長バリー・ラシン氏のテーマは、「インスピレーションになろう」です。
これはひらめき、励み、感化を与える人、意欲を引き出す人になろうとのことです。
又、地域社会や世界に向けて手を取り合って持続的変化を生じさせるとのことです。
高橋ガバナーはRI会長テーマを受けて、「ロータリーの心と力を地域社会へ」としました。
どちらもロータリーの目指す方向を示していると思います。
 それを受け、私のテーマは
「仲良く 元気で 広げよう奉仕の輪」
 と、させていただきました。
「仲良く」は会員の親睦を図るということ、「元気で」は会員の皆様の健康に留意して
いただきたいということ、「広げよう奉仕の輪」は次の意味を含ませました、奉仕は
五大奉仕を実践する事、輪を広げる会員及びローターアクト会員の増強を意味しております。
 また輪を広げる過程におきましてロータリーの公共イメージと認知度の向上に努めて
いきたいと思います。

《 目標 》

1.RIロータリー賞の獲得
2.会員の親睦
  会員家族グルメ観劇例会 夜の例会の継続
3.会員増強 3名
  会員の候補者の洗い直し 若い会員の発掘(ローターアクト含む)
4.公共イメージの向上
  1)母子島の環境保全に伴いロータリーのPR

 


ロータリージャパンウェブ
RJW
RI第2820地区HP